500種類以上の手作りお菓子レシピ

パイ難易度★★

甘酸っぱい サワーチェリーパイ

所要時間:約90分

サクサクパイにカスタードクリームとキュンと甘酸っぱいサワーチェリーが美味しいデザートです。

材料 直径15cm パイ皿1台分

【パイ生地】
バター(食塩不使用)100g
粉類【A】
薄力粉120g
強力粉60g
ひとつまみ
卵黄2コ分
牛乳20ml
【カスタードクリーム】
卵黄1コ分
砂糖20g
コーンスターチ大さじ1(7g)
牛乳(ひと肌に温めた)150ml
バニラビーンズエッセンス少々
【チェリーフィリング】
チェリー缶果汁(水煮)70ml
砂糖40g
大さじ1(15ml)
コーンスターチ10g
チェリー缶果肉(水煮)100g
レモン汁小さじ1(5ml)
【照り黄身】
卵黄1コ分
小さじ1(5ml)

ちょっといい話

●忙しい人に最適!
生地を流し込んで焼いたり、冷やしたりと手軽に使える「パイ皿」や冷たい牛乳を加えて混ぜるだけでカスタードクリームが仕上がる「カスタードクリームパウダー」など、手作りお菓子のサポート商品もぜひお試しください。
●チェリーのシロップ煮をお使いの場合は砂糖の量を減らしてください。

おすすめレシピ

はじめに

  • バターは1cm角に切り、ラップ材に包んで冷蔵庫で冷やしておきます。
  • 粉類【A】をあわせて2回ふるいにかけてきれいなビニール袋等に入れて冷蔵庫で冷やしておきます。
  • パイ皿(型)は薄くバター(分量外)をぬり冷蔵庫で冷やしておきます。


  • 作り方

    1. 【パイ生地】
      準備をしておいたバターと粉類【A】をボウルに入れてナイフやスケッパーなどを使って粉をまぶしながらバターが小豆粒位の大きさになるまで切り刻み、バターと粉が砂状になる位にします。
    2. バターが砂状になればボウルのまわりから卵黄と牛乳を混ぜたものを少しずつ加えてさっとまとめます。
    3. をラップ材に包み約1cm厚の正方形に整え、冷蔵庫で約30分冷やします。
    4. 打ち粉(分量外)をふった台の上で生地をめん棒で伸ばして3倍の長さにして三つ折りにします。
    5. 折りたたんだ輪が左右になるように90度回転させて置き、更にめん棒で上下に伸ばして3倍の長さにし、三つ折りにした生地を土台の分として2/3量、フタの分として1/3量に切り、それぞれをラップ材に包んで冷やしておきます。
    6. 土台の分を約3mm厚、直径15cmのパイ底に合わせてめん棒で伸ばし、冷やしたパイ皿に敷き、隅に空気が入らないようにぴったりと押し付けて縁をナイフで切り落として冷蔵庫で冷やしておきます。
    7. フタの部分として、1/3量の生地をめん棒で約2mm厚、15×16cm位伸ばしたものを1cm幅×16cm長さの帯状に15本にカットしてトレーに乗せて冷蔵庫で冷やしておきます。
    8. 【カスタードクリーム】
      ボウルに卵黄と砂糖を入れて泡立て器ですり混ぜた後、コーンスターチを加えてとろりとするまで更に混ぜます。
    9. ひと肌に温めた牛乳をに加えて混ぜ合わせたのを濾し器を通しながら鍋に移し、中火にかけて耐熱ゴムベラで鍋底から焦げないように混ぜます。その後、バニラビーンズエッセンスを加えてあら熱をとります。(表面にラップ材をかけると乾燥を防げます)
    10. 【チェリーフィリング】
      チェリー缶の果汁と砂糖、水で溶いたコーンスターチを鍋に入れて中火にかけ、とろみがついたらチェリーの果肉を加えて果肉をつぶさぬように、耐熱ゴムベラで混ぜながら煮詰め、冷えたらレモン汁を加えます。
    11. 【仕上げ】
      冷蔵庫で冷やしておいたパイ皿(土台)にカスタードクリームを均等に流し入れ、上にチェリーフィリングをカスタードクリームが見えないように均等に敷き込みます。
    12. の上にフタ用に帯状にカットをして冷やしておいた生地を格子状に交互に組んでフタをします。残った生地をまわりにねじりながら付けます。
    13. を冷凍庫で約10分ほど冷やしてから照り黄身をハケでぬり、200℃に温めたオーブンで約20~25分パイ生地に焼き色が付くまで焼きます。

    ちょっといい話

    ●忙しい人に最適!
    生地を流し込んで焼いたり、冷やしたりと手軽に使える「パイ皿」や冷たい牛乳を加えて混ぜるだけでカスタードクリームが仕上がる「カスタードクリームパウダー」など、手作りお菓子のサポート商品もぜひお試しください。
    ●チェリーのシロップ煮をお使いの場合は砂糖の量を減らしてください。

    おすすめレシピ

    i-catalog