500種類以上の手作りお菓子レシピ

ケーキ難易度★★

いちごのミモザケーキ

所要時間:約50分

ミモザの花に見立てたキュートなケーキ。

材料 直径18cm丸型1台分

‹スポンジケーキ生地›
卵黄(L玉)3コ
グラニュー糖45g
 
卵白(L玉)3コ
グラニュー糖45g
 
バニラエッセンス
又はバニラオイル少々
【A】
薄力粉50g
コーンスターチ10g
ベーキングパウダー小さじ1/3
牛乳大さじ1
‹フィリング›
いちご8粒
レモン汁小さじ1
生クリーム150ml
砂糖大さじ3
‹デコレーション›
生クリーム50ml
砂糖大さじ1
いちご8粒

ちょっといい話

ミモザの花に見立てたキュートなケーキ。
3月8日はミモザの日。イタリアでは男性が女性に感謝の気持ちを込めてミモザの花を贈る素敵な習慣があります。
イタリアでは「トルタミモザ~Torta mimosa~」と呼ばれています。
ひな祭りにもおすすめ!

おすすめレシピ

はじめに

  • 粉類【A】は合わせて2回ふるっておきます。
  • きれいなボウル(大・中)に卵黄と卵白を分けておきます。
  • バター(食塩不使用)と牛乳をボウル(小)に入れ、湯せんで溶かしておきます。
  • 焼き型の底と回りに敷紙を敷いておきます。またはバター(分量外)をぬって薄く粉(分量外)をふるいかけておきます。
  • 生地を焼く前までに、オーブンを180℃に温めておきます。

作り方

  1. ボウルに卵黄を入れ、砂糖45gを少しずつ加えながら泡立て器でよくすり混ぜます。バニラエッセンス(またはバニラオイル)を加えます。
  2. きれいな泡立て器で卵白を強く泡立て、さらに砂糖45gを加えながらピンとつのが立つまで泡立て、しっかりとしたメレンゲを作ります。
  3. 2の1/3量を1に加えて泡立て器で軽く混ぜ、2回に分けて2に戻します。
  4. オーブンを180℃に温めはじめます。
  5. ふるった粉類【Aを加えてゴムベラでさっくり混ぜ合わせます。
  6. 湯せんで溶かしたバターと牛乳のボウルに5を大さじ3ほど加えてよく混ぜてから5の生地へ混ぜ合わせ、型に流し入れます。
  7. 180℃のオーブンで10分焼いた後、温度を160℃に下げて15~20分竹串を刺してぬれた生地がついてこなくなりまで焼きます。網の上にふせて出し、型からはずし、ふきんなどをかけて完全に冷まします。
  8. スポンジを外から2cm残して丸くくり抜き、くり抜いたスポンジを1cm厚さに切り、元のスポンジの底に敷きます。残りのスポンジは7~8cm角に刻みます。
  9. 【フィリング】
    フィリング用のいちごを刻んでレモン汁をかけておきます。生クリーム150mlと砂糖大さじ3をボウルでとろりとするまで泡立て、いちごを混ぜてくり抜いたスポンジケースに詰めます。冷蔵庫で約20分冷やします。
  10. 【デコレーション】
     生クリーム50mlと砂糖大さじ1をとろりとするまで泡立て、ケーキ全体に塗り、刻んだスポンジをまぶしつけます。粉糖を茶こしでふりかけ、いちごを飾ります。

ちょっといい話

ミモザの花に見立てたキュートなケーキ。
3月8日はミモザの日。イタリアでは男性が女性に感謝の気持ちを込めてミモザの花を贈る素敵な習慣があります。
イタリアでは「トルタミモザ~Torta mimosa~」と呼ばれています。
ひな祭りにもおすすめ!

おすすめレシピ

i-catalog