500種類以上の手作りお菓子レシピ

和菓子難易度★

あんみつ

所要時間:15分(冷やし固める時間は除く)

材料 4人分(20cm角の流し缶1台分)

粉寒天4g
500ml
好みのフルーツ適宜
赤えんどう豆適宜
あん80g
 
【黒蜜】
黒砂糖30g
熱湯30ml

ちょっといい話

“あんこ”はお腹の働きを助ける食物繊維が豊富!あんこの原料となる豆類は古くから薬として食べられてきました。
豆類はさまざまな栄養がバランス良く含まれています。
ミネラル(特に鉄分、リン、マグネシウムなど)、血中コレステロールを下げるといわれるリノール酸やリノレン酸、老化を防ぐといわれるビタミンE、体内の代謝を活発にするといわれるビタミンB1、B2、欠乏すると皮膚炎や貧血の原因になるといわれるB6など、体に欠かせない栄養素がいっぱいです。
また、小豆は茹でることで食物繊維が増えます。あんこを食べることは優れた食物繊維の取り方です。

作り方

  1. 泡立て器で約1分間かき混ぜます。

  2. 水で塗らした流し缶に流し入れて冷やし固めます。

  3. 熱湯に黒砂糖を入れてよく混ぜて溶かして黒蜜を作ります。
  4. 2が固まったら1cm角のサイコロ状にナイフで切って器に入れ、好みのフルーツ、赤えんどう豆、あんを飾り、黒蜜をかけます。

ちょっといい話

“あんこ”はお腹の働きを助ける食物繊維が豊富!あんこの原料となる豆類は古くから薬として食べられてきました。
豆類はさまざまな栄養がバランス良く含まれています。
ミネラル(特に鉄分、リン、マグネシウムなど)、血中コレステロールを下げるといわれるリノール酸やリノレン酸、老化を防ぐといわれるビタミンE、体内の代謝を活発にするといわれるビタミンB1、B2、欠乏すると皮膚炎や貧血の原因になるといわれるB6など、体に欠かせない栄養素がいっぱいです。
また、小豆は茹でることで食物繊維が増えます。あんこを食べることは優れた食物繊維の取り方です。

i-catalog