500種類以上の手作りお菓子レシピ

和菓子難易度★

芋羊羹

所要時間:30分(冷やし固める時間は除く)

サツマイモの美味しい時期に作りたい羊羹です。

材料 13×10×5cmの流し缶1台分

【さつま芋の甘煮】
さつま芋50g
50ml
砂糖50g
 
【羊羹】
さつま芋200g
くちなしの実1個
150ml
粉寒天2g
砂糖50g
ひとつまみ

ちょっといい話

くちなしの実を使うとさつま芋が美しい黄色に仕上がります。クチナシ色素 黄でも手軽に色よく仕上がります。
芋羊羹にさつま芋の甘煮を加えて作るので、金時のように濃厚なお芋のお味を楽しめます。水羊羹のようなツルリンとした食感の芋羊羹です。

作り方

  1. 【さつま芋の甘煮】
    さつま芋(50g)は水でよく洗い、皮つきのままいちょう切りにします。
  2. 耐熱容器にさつま芋を入れ、砂糖と水を加えてラップ材をします。
    電子レンジで柔らかくなるまで約2分、竹串を刺してすっと通るまで加熱します。

  3. 【羊羹】
    さつま芋(200g)は皮をむいて適当な大きさに切って水にさらし、くちなしの実は砕いてガーゼに包みます。
  4. 鍋にさつま芋とくちなしの実を入れます。ひたひたの水(分量外)を加えてさつま芋が柔らかくなるまで煮ます。

  5. さつま芋が柔らかくなったら、くちなしの実を除いて裏ごします。

  6. 鍋に水(150ml)を入れて火にかけて、プツプツと沸騰し始めたら火を弱火にします。
    粉寒天をふるい入れて泡立て器で約1分間かき混ぜたら、砂糖を加えて溶かします。

  7. 裏ごしたさつま芋を少しずつ加えてなめらかになるまでよく混ぜ、火を止めます。
  8. 鍋底を水で冷やしながら混ぜて、少しとろみがでたら塩・さつま芋の甘煮を加えてさっと混ぜます。流し缶に流し入れて冷やし固めます。

ちょっといい話

くちなしの実を使うとさつま芋が美しい黄色に仕上がります。クチナシ色素 黄でも手軽に色よく仕上がります。
芋羊羹にさつま芋の甘煮を加えて作るので、金時のように濃厚なお芋のお味を楽しめます。水羊羹のようなツルリンとした食感の芋羊羹です。

i-catalog