500種類以上の手作りお菓子レシピ

チョコ難易度★

いちごの生チョコ・トリュフ

所要時間:約1時間(冷却時間は除く)

甘酸っぱいイチゴがたまらない生チョコ・トリュフです。

材料 生チョコ約12~16コ分
又はトリュフ約15コ分

割チョコホワイト150g
フリーズドライストロベリー1.5g
生クリーム60ml
【トッピング】
粉糖(シュガーパウダー)適量
フリーズドライストロベリー1.5g

ちょっといい話

●フリーズドライイチゴの代わりに、刻んだオレンジピール、クランベリー、レーズンなどのドライフルーツでもおいしく召しあがれます。
●いちごのチョコレートを使ったり、フリーズドライイチゴ1.5gをパウダー状にしてホワイトチョコに混ぜてもおいしく作れます。フリーズドライイチゴは表面にふるってもかわいらしく仕上がります。

おすすめレシピ

はじめに

  • チョコレートを刻んでおきます。

作り方

  1. ボウルに生クリーム(または牛乳)を入れ、湯せん(約60℃)にかけます。
  2. 生クリームが温まったら、チョコレートを加え、きれいに溶かします。 (チョコレートが溶けない場合は、湯せんに数秒かけて溶かしてください。)
  3. ボウルを湯せんからはずし、冷水につけながら、ねっとりするまで泡立て器でよく混ぜます。
  4. [生チョコの場合]
    10㎝角のトレーや箱にラップ材を敷き、3を流し入れ、トントンと机に落として中の空気を抜きます。冷蔵庫で切り離せる固さになるまで約30分冷やした後、12~16等分にカットし、粉糖を全体にふるいかけます。
  5. [トリュフの場合]
    お皿にラップ材を敷き、その上にスプーン2本を使って約15コに分けてのせます。冷蔵庫で約15分冷やし、丸められる固さになったら、1コずつラップ材に包んで丸め、粉糖をまぶします。

ちょっといい話

●フリーズドライイチゴの代わりに、刻んだオレンジピール、クランベリー、レーズンなどのドライフルーツでもおいしく召しあがれます。
●いちごのチョコレートを使ったり、フリーズドライイチゴ1.5gをパウダー状にしてホワイトチョコに混ぜてもおいしく作れます。フリーズドライイチゴは表面にふるってもかわいらしく仕上がります。

おすすめレシピ

i-catalog