500種類以上の手作りお菓子レシピ

チョコ難易度★

抹茶と粉糖の生チョコ

所要時間:約50分(冷やす時間20~30分含む)

材料 生チョコ16コ分

クーベルチュールチョコレート100g
生クリーム大さじ3
洋酒(グランマニエ、ラム、
コアントロー、ブランデーなど)
小さじ1
お好みのトッピング
(抹茶パウダー10g、粉糖10g)

ちょっといい話

写真のストライプデコレーションは細く切った紙をチョコレートの上にのせてから粉糖と抹茶をふりかけます。
つくり方2でバター5gを混ぜ込むとリッチな味に仕上がります。
抹茶パウダーのかわりにココアパウダーをふりかけても美味しく仕上がります。
つくりたてはやわらかな口当たりがお楽しみ頂けます。密封容器に入れて、冷蔵で4~5日以内が美味しく召し上がれます。

作り方

  1. 生クリームとチョコレートをボウルに入れ、湯せん(約60℃)にかけてきれいに溶かします。
  2. 湯せんからはずし、ボウルの底を冷水につけて泡立て器(又はゴムベラ)でねっとりするまで(マヨネーズ状)よく混ぜます。お好みで洋酒を加えます。 ラップ材の上に2をゴムベラで流し入れ、約10×10cmの大きさに整え
  3. ラップ材で包みます。切り離せる固さになるまで冷蔵庫で約20~30分冷やします。※冷蔵庫やチョコレートの状態によって冷やす時間が多少異なります。
  4. 好みのトッピング粉糖、抹茶パウダーを、それぞれ茶こしを通してふりかけ、16等分に切り分けます。

ちょっといい話

写真のストライプデコレーションは細く切った紙をチョコレートの上にのせてから粉糖と抹茶をふりかけます。
つくり方2でバター5gを混ぜ込むとリッチな味に仕上がります。
抹茶パウダーのかわりにココアパウダーをふりかけても美味しく仕上がります。
つくりたてはやわらかな口当たりがお楽しみ頂けます。密封容器に入れて、冷蔵で4~5日以内が美味しく召し上がれます。

i-catalog