500種類以上の手作りお菓子レシピ

VT難易度★★★

ボンボンショコラ

所要時間:約60分(冷却時間は除く)

パリッとしたチョココーティングの中は、やわらかいガナッシュクリーム。

材料 約12~16個分

クーベルチュールチョコレート100g
生クリーム大さじ3(45ml)
バター5g
洋酒(ブランデー等)(お好みで)
小さじ1
洋生チョコレートミルク100g
 
アーモンドホールロースト適量
デコペン各色適量
金箔適量
転写シート適量
グラシンカップ適量

ちょっといい話

●タブレットタイプのチョコレートは刻まずそのまま溶かせます。タブレットでない場合は刻んでください。
【アレンジ】
●丸いトリュフにチョコレートをコーティングした後、フォークの先で転がすとツノのあるトリュフができます。
●コーティング用の洋生チョコレートはお好みでホワイトやストロベリーなどお使いください。洋生チョコレートミルク、ホワイトを少しずつかけてコーティングするとマーブル模様になります。

はじめに

  • 湯せん(約80℃)と冷水を用意しておきます。
  • 転写シートは約3cm角の四角に切っておきます。

作り方

  1. ボウルに生クリームとチョコレートを入れ、熱い湯せん(約80℃)にかけます。チョコレートがなめらかになったら、バターを加えて溶かします。(ガナッシュクリーム) 
  2. 1のボウルの底を冷水につけながら、チョコレートがねっとりとマヨネーズ状になるまでよく混ぜ、お好みで洋酒を加えます。そのまま約3分置いておくと、チョコレートが乳化され、サクッと分けられる位になります。(洋酒は風味付けなので、お好みで加えてください)

  3. 机の上にラップ材を敷き、スプーン2本を使って、12~16個に均等に分けます。(丸められる位の固さになるまで、冷蔵庫に入れておくのがおすすめ。長時間入れ過ぎると固くなるので、注意しましょう!)
  4. 冷蔵庫から取り出しチョコをひとつずつ四角や丸に成形します。(転写シートは四角いほうが転写しやすいです。)冷蔵庫に入れ、約30分冷やします。
  5. 【デコレーション】お湯(約55℃)をボウルに入れ、洋生チョコレートを封を切らずに袋のまま約5分につけて溶かします。別のボウル小に洋生チョコレートを移します。
  6. 冷蔵庫から出した4をフォークにのせ、上からスプーンで5をかけてコーティングします。(※途中でコーティングチョコが固まってきたら再び湯せんにかけてください。洋生チョコホワイトをコーティングする場合は乾いた後にもう一度コーティングするときれいに仕上がります。)
  7. 網にのせてコーティングしたチョコが乾かないうちにアーモンド、転写シート、金箔をのせてデコレーションします。冷蔵庫で冷やし、お好みでデコペンで線描きをし、固まったらグラシンカップにのせます。
    【転写シートの使い方】 
    洋生チョコレートをコーティングした後すぐに、シートのツルツルした面を上にして(ざらざらしたプリント面をチョコレート側にして)ぴったりと貼り付け、上から早く押します。冷蔵庫で冷やしてからゆっくりシートをはがすと、チョコレートにイラストがプリントされます。

ちょっといい話

●タブレットタイプのチョコレートは刻まずそのまま溶かせます。タブレットでない場合は刻んでください。
【アレンジ】
●丸いトリュフにチョコレートをコーティングした後、フォークの先で転がすとツノのあるトリュフができます。
●コーティング用の洋生チョコレートはお好みでホワイトやストロベリーなどお使いください。洋生チョコレートミルク、ホワイトを少しずつかけてコーティングするとマーブル模様になります。

i-catalog