500種類以上の手作りお菓子レシピ

パイ難易度★★

ポワソンダブリル

所要時間:約40分(焼成・冷却時間を除く)

フランス語でエイプリルフールは「4月の魚(ポワソンダブリル)」といい、お菓子屋さんに魚の形のパイが並べられるそうです。

材料 4個分

【パイ】
市販のパイシート(18㎝角)2枚分
【照り卵】
卵黄1個
小さじ1
【カスタードクリーム】
卵(M玉)1個
牛乳200ml
グラニュー糖30g
米の粉15g
【A】
バター(あれば食塩不使用)10g
バニラエッセンス少々
【デコレーション】
デコペン(速乾性)白1本
デコペン(速乾性)黒1本
いちご約16個

ちょっといい話

フランスのお菓子屋さんでは、パイやケーキなど、カラフルな魚の形のスイーツが飾られるそうです。
また、子ども達は、魚の絵を描いて誰かの背中にこっそりと貼りつけるといったいたずらが許されていると言われ、いたずらが見つかったら「ポワソンダブリル!」と言ってからかって楽しむそうです。

おすすめレシピ

はじめに

  • 照り卵用の卵黄と水を合わせておきます。
  • パイを焼く前までにオーブンを190℃に温めておきます。

作り方

  1. 【パイ】
    市販のパイシートは4等分にし、切った1/4のパイシートの外側を1㎝位残してカットします。切り抜いた真ん中の部分は半分にカットし、しっぽ(尾びれ)の部分にし、しっぽの模様をつけます。
  2. オーブン用シートを敷いた天板に1/4のパイシートをのせ、しっぽをおき、まわりに照り卵をぬって、真ん中をくりぬいたパイシートを重ね、上から軽く押さえます。※空気穴がされていないパイシートの場合はフォークで穴をあけます。

  3. 190℃に温めておいたオーブンで、約20~25分焼き、粗熱をとっておきます。

  4. 【カスタードクリーム】
    耐熱ボウルに卵、グラニュー糖を入れて泡立て器で白っぽくなるまで混ぜ、米の粉を加え混ぜます。
  5. 牛乳を少しずつ加えて混ぜ合わせたらラップ材をして、600wの電子レンジで1分加熱します。一度電子レンジから取り出し、泡だて器で混ぜ合わせ、再度ラップ材をして、600wの電子レンジで1分加熱して混ぜます。とろみがつくまで、同様にあと2回繰り返します。ゆるい場合は20秒ずつ加熱して混ぜます。
  6. 【A】を入れて混ぜ、ラップ材をぴったりとかけて粗熱をとり、冷蔵庫で冷やします。
  7. 【デコペンで目を作ります】
    紙に目のイラストを描き、オーブン用シート(クッキングシート)をのせてずれないようにします。
    ボウルに40~50℃のお湯を入れ、デコペンを3~4分つけます。チョコがやわらかくなったら取り出して、タオルに包みよくもみます。先端をねじり切ります。目のイラストをオーブン用シートの上から描き、乾かします。※デコペン黒で輪郭から描くときれいに描けます。
  8. 【組み立て】
    冷めたに、冷えたを入れます。スライスしたいちごを飾り、の目を飾ります。

ちょっといい話

フランスのお菓子屋さんでは、パイやケーキなど、カラフルな魚の形のスイーツが飾られるそうです。
また、子ども達は、魚の絵を描いて誰かの背中にこっそりと貼りつけるといったいたずらが許されていると言われ、いたずらが見つかったら「ポワソンダブリル!」と言ってからかって楽しむそうです。

おすすめレシピ

i-catalog